カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れた?羞恥心

<<   作成日時 : 2009/08/11 20:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

本日、3回目のディサービスへ行かれた母上。

帰宅後は少々、お疲れのご様子。

一度自室へ行かれたけれど、しばらくすると、

なぜか枕を持って、リビングへお越しになり、

枕をボンッと、ソファの上にほり投げて、横になられました。

何かをほり投げるときは、ご機嫌のよろしくない時。


ディからの連絡帳には、

『昼食後は、昔の雑誌や写真を見て、お話しました』とあり、

昼食も、『主食、副食とも完食』とのこと。



たぶん、がんばって話したり、お風呂に入ったりして、

疲れきってしまわれたのでしょう。


夕食はお茶漬け等で簡単に済まされ、自室へ。

例の枕を忘れて行かれたので、持っていくと、

濡れたパジャマのズボンが・・・。

お姿は…下は何も無し

私 「お母さん、パンツ、履かないと…」

母上 「履いてるけど、濡れるの…」

私 

そしてさっきまで、履いていたズボンを指差され、

母上 「こっちもビショビショ

実に、あっけらかんとおっしゃるので、返す言葉がない…

そして、私の目の前で座ったまま足を広げてパンツをお履きに…


半年前の母上からは想像できない言動ですが、

これが認知症なんでしょうね。


でも羞恥心がなくなるのは、ある意味、救いかもしれない。

ビショビショが、恥ずかしかったら、辛いもの

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
応援、ありがとうございます。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん、おはようございます

いつものことながら、セラさんには感心しますお母様の認知症の症状も理解なさっているし、そのことをちゃんと受け入れていらっしゃること。
なかなか出来るものではないと思いますよ。多くの家族はそれが「認知症」という病気がさせる行動だと分かっていても、家での介護の限界を感じています。セラさんのやさしさを感じます
みつば
2009/08/12 10:09
みつば 様
みつばさん、おはようございます

以前は、無性に腹が立ったり、
悲しくなったり…。
最近は「病気、病気、病気だから
仕方が無い…」と思うようにしようと、
自分自身に言い聞かせています。

でも、時々、落ち込みますが…。

みつばさんの、お言葉、
とても励みになります。
ありがとうございます。
セラ
2009/08/12 11:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
忘れた?羞恥心 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる