カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 食前〜食後 些細な日常

<<   作成日時 : 2009/10/12 23:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

食事のとき、ご飯はできるだけ母上ご自身でお茶碗に盛るように

お願いしています。

自分が食べられる量を考えてほしいのと、手を使って何かをしてほしいので。


汁物は、やけどをすると危ないので、私が入れています。


今朝も、

私 「お母さん、ご飯、よそってくださいね〜」

すると母上、お玉を手に取り、ウロウロ。

私 「お味噌汁は私が入れます。

   おしゃもじは、炊飯器の横にありますから・・・」

いつも冷蔵庫横のカウンター上に置いてある炊飯器。

今日は、その場所がわからなくなっていました。


炊飯器のふたの開け方がわからないことは、

これまでもときどきあったので、開け方を示した張り紙をしています。

・・・が、置いてある場所がわからなくなったのは、初めてでした。


一緒に言っていた 「いただきます。」の言葉。

最近は口に出して言われません。

ただ、私が手を合わせるので、なんとなく同じように合わせているだけ。


食事中も何かを開けようとして開かないと、ブスッとして私の方へ押しやります。

私は気づいているのですが、母上の言葉を引き出したくて

気づかないふりをしています。

押しやられると、さすがに、

私 「お母さん、口で言ってくださいネ〜。言葉、忘れちゃいますよ〜」と

冗談っぽく対応し、開けて渡します。

母上 「へっへっ・・・・・」


あまり話題がないので、2人だけの食事のときはテレビをつけるようになりました。

ニュースや天気予報  

でも、私が話しかけても、

母上 「ふ〜〜ん。」 とか、「そやね。」 ぐらいで終わってしまいます。

私も元来、どちらかというとおしゃべりな方ではないので、

会話は途切れがち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



食事が終わっても、もちろん 「ごちそうさま」は、無し。

ただ、いつも食後に飲む薬を渡したときは、

母上 「これ、私が飲むの

錠剤とお水のほかに液体の薬を小さなコップに入れて渡すのですが、

液体の薬のコップを見て、

母上 「これは、何

私 「どちらも、お薬ですから飲んでくださいね。」

母上  

薬を飲み始めてから、毎回、つまり約500回ぐらい

同じ問答を繰り返していることになります。


食後の食器洗い。

自分の分は自分で洗うことを母上のお仕事としてお願いしています。

以前は流しまでは持って行って、そこで放置・・・

ということが多かったのですが、

ここ数日、流しへ持って行くこともせず、

テーブル上に放置してあることが増えました。


こちらがお願いして促すと、してくださるのですが・・・


些細な日常のことですが、少しずつ、少しずつ、

変わっていっているような気がします。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
応援、ありがとうございます。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん おはようございます。
日々の変化に戸惑いがありますよね。
声をかけるのもシツコク言ったら気分を悪くさせるし、かといって話しかけなければ会話も出来なくなっていく現状。
自分で出来ることを少しでもしてもらうことは良い事ですがどこまでやってもらえば良いかも分からない。
良かれと思ってしていることが逆効果だったり・・・。
本当に難しいですよね。
2人きりの時間が長いとストレスで押し潰されそうになるし。
次男さんご家族が週に一度でも十日に一度でもお母様と過ごす時間を作って頂きたいものです。
何で一つの家族だけで介護をしなくてはいけないんでしょうね。
もしセラさんが倒れても普段から行き来があればお互いに対応できますが、その過程がなければ皆さんが戸惑い大変になります。
一番戸惑って大変な思いをするのはお母様ご自身ですし・・・。
お母様の為にも次男さんの所にお泊りしたりすることは適度な刺激として良いことだと思えるのですが・・・。
普段から親族間で動きがあればデイにしてもショートにしてもお母様ご自身が対応しやすくなると思うんですけどね。
セラさんにだって大切な時間があることを次男さんご家族にも理解して頂きたいです。
すいません。ご家族間の問題に口を出すのは失礼だと思ったのですが・・・。
介護は周囲の協力がないと出来ないことを嫌と言うほど思い知らされた私には黙っていられませんでした。
セラさん嫌な思いをさせてしまったら ごめんなさい。
あゆ民
2009/10/13 10:00
あゆ民 様
あゆ民さん、おはようございます
私の言いたいことを、そのものずばり、
代弁してくださったようで、
なんだか胸につかえていたものが、
取れたような感じがします。
実は、次男さんご夫婦は職場でツレアイと一緒。
家も我が家から車で30分ほどの所なんです。
お泊りが無理なら、日帰りの数時間だけでも
看てくださると助かるときがあるのですが…。
次男嫁さんとツレアイは、あまり気が合わなくて…
油 状態
そんなこともあって・・・私は悶々
なかなか思うようには事は運びません。
私の気持ちをわかっていただいて、
本当にありがとう。
セラ
2009/10/13 11:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食前〜食後 些細な日常 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる