カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 親戚への告知

<<   作成日時 : 2009/12/15 01:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

数日前のことです。

母上と2人で夕食をとっているとき、電話が鳴りました。

R「もしもし、○○○さん(母上)、いらっしゃいますか?

  Rですけど。」

母上の甥のRさんからの電話でした。

母上の姉上(故人)の長男さんです。

目の前に母上がいらしたので、咄嗟に電話を渡してしまいましたが、

渡した直後に『しまった…』と、後悔。

Rさんからの電話は、約10年ぶり。

もちろん、母上が認知症であることは、ご存知ありません。

大事な用件だったら、どうしよう

母上は電話を切ったとたんに、用件を忘れることがあります。

仕方がないので、ダンボの耳


母上 「12月24日?・・・・・・ 十三回忌?・・・・・・・・・・」

私 (伯母さんの法事の案内だ・・・『行く』なんて言ったら困るし〜)

私、小さな声で、

私 「あとで電話、かわってくださいね


ダンボの耳でもRさんの声は聞こえません。聞こえるのは、母上の声だけ。


母上 「・・・・・・うん・・・・うん・・・・」

私 (おいおい・・・・・・・・・・・・・)

私、母上の目の前をウロウロ、オタオタ・・・・・・・。

ウサギさんの耳が欲しい 


しばらくして、

母上 「また、お返事します。」

私 (素晴らしいお答えです


電話を切られないように、あわてて手を出して、

私 「電話、かわってくださいね〜」

電話を受け取ると、ササッと廊下へ出て、

私 「お久しぶりです。実は義母はアルツハイマー型認知症で、今、要介護2なんです。」

R 「そうなんですか。で、お家で看ていらっしゃる

私 「 はい。」

R 「母の十三回を12月24日に○○県の寺でしようかと思って・・・」

私 「ご案内、ありがとうございます。ただ、遠出はちょっとむずかしいので・・・」

R 「排泄とかは、ひとりでできる?」

私 「それがむずかしいので、遠出ができないんです。」

・・・母上の現状を少しお話して、電話を切りました。


母上は自分が誰と話していたのか、わかっていたのかなぁ

9歳年上の姉上のこと、覚えていたのでしょうか。


それにしても 「また、お返事します。」とのお答えは100点満点

電話の受け答えの上手さは、アルツハイマー型認知症の特徴かも(苦笑)


ツレアイが帰宅後、伯母さんの法事の案内があったこと、

Rさんに義母の認知症のことを伝え、

出席はむずかしいだろうと返答したこと等を話しました。

ツレアイは、日時が合えば自分が出席したいので、

またRさんに電話をすると言っていました。



母上の兄弟は兄2人、姉1人だったのですが、皆すでに亡くなられました。

甥や姪、みんな遠方にお住まいなので、めったにお会いしません。

母上は10数年前まで、姪と一緒に旅行に行ったりして仲良くされていましたが、

ここ数年は、甥姪からの年賀状にも返信していないようで、気になっていました。

特に親しくしていた姪2人が、今回の電話の主、Rさんの姉妹。

この電話で、認知症のことが姪御さん達に伝わるだろうと、少し安堵しています。

電話がかかってくれば、話そうと思っていたのですが、

この数年、かかってこなかったし、

こちらからわざわざ電話して認知症のことを告げるのもどうかと思い、

迷いながらも放置していました。


少し、肩の荷がおりたような気がします。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
応援、ありがとうございます。








   

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます

親戚への告知。。タイミングが難しいですよね!
うちも やっぱり電話の応対でおかしいと?と
思われたようで その時にはっきりいいました。
ちょうど、義母のお世話の真っ最中だったので
労わりの言葉かけてくださいました
こちらから・・・・なんですとも言えませんものね
うさぎ
2009/12/15 10:20
うさぎ 様
うさぎさん、おはようございます

まさにタイミングが難しいんですよね。
ちょっとおかしいぐらいのときは、言えないし、黙っていると、大事なところでご迷惑をおかけすることもあるかもしれないし…。

うさぎさんはお義母さんとのダブル介護のときでしたか。労わりの言葉は嬉しいですよね。
義母の親戚は、遠くに住んでいることもあり、ふだんからの交流が少なくいつ伝えようか困っていたので、今回の電話はグッドタイミングでした。
セラ
2009/12/15 10:58
そうですね・・わざわざは言えませんよね。
ウチの母の場合も叔父や叔母のお葬式の時に会話がトンチンカンで、不審そうな顔をされて・・
それとなく伝えて納得してもらいました。
kimama
2009/12/15 11:54
kimama 様
kimamaさん、こんにちは
わざわざはね、言いにくいです。
やはり、冠婚葬祭関連時になりますよね。
ふだんお付き合いの少ない親戚は、そんなときしか、お話する機会がないですもの。
3ヶ月ほど前、母上が親しくしていた従妹から珍しく電話があったんです。
『年賀状を出しても、暑中見舞いを出しても返事がない』と。謝って、義母の状態を伝えました。あちらから連絡があれば、言えるんですけどね。
セラ
2009/12/15 12:06
ホントそのタイミングが難しい
ディに行っていることも言うのを初めはちょっとためらいましたが
今じゃ堂々と
伯父(母の弟)から電話があった時母が留守で チャンス!と ディに行っていると伝えちゃった
夜また伯父から電話 母は「しょうがないのよ」とか(?)
今は楽しく遊びに行っていると伯父に話している様子
ピンチがチャンス!なんとかなって行くもんだと思いました
今は平気〜
スミレココ
URL
2009/12/15 12:27
ホントそのタイミングが難しい
ディに行っていることも言うのを初めはちょっとためらいましたが
今じゃ堂々と
伯父(母の弟)から電話があった時母が留守で チャンス!と ディに行っていると伝えちゃった
夜また伯父から電話 母は「しょうがないのよ」とか(?)
今は楽しく遊びに行っていると伯父に話している様子
ピンチがチャンス!なんとかなって行くもんだと思いました
今は平気〜
スミレココ
URL
2009/12/15 12:28
スミレココ 様
スミレココさん、こんにちは
『ピンチがチャンス!』…なるほど
なんとかなっていくもんですね。
あとは、そんなに親しくないご近所の方への伝え方が私の課題です。
久しぶりにお会いして「お義母さん、お元気〜?」と訊かれると、つい「ええ、まあ、ぼちぼち…」なんて、答えてしまいます。
ツレアイは「呆けとんで〜!」と、明るく言える人なんですが、嫁の私には、なかなか言いにくい
早めに言っておくほうが良いことはわかっているのですが、道端での挨拶程度ではなかなか…。
努力課題です。
セラ
2009/12/15 13:08
親戚への告知のタイミング
私もそれで悩みました
本人に会った時その人が何か感じてくれたら
事情を説明したいとおもいます。
ご近所さんも難しいですね
別にお気の毒に等とは思って欲しくないけど正直面白がる人も居ますしね
kokoro
2009/12/15 21:47
こんばんは。
親戚に話すのって、難しいですよね。
うちもものすごく取り繕いが上手だから、
電話では分からないと思います。
同じ話を繰り返しまくるので、まあある程度は
伝わりますけどね。
親戚もみな年だし、
本人に平気で色々タブーなことを言ってしまうし。
「お嫁さんからきいたけど、あなた認知症なの?」
なんて言いかねないんですよ〜。
本人激怒して、私の生活は崩壊です。
「贈り物の礼がない」と、
認知症だと知りながら非難の電話をくれる者までいます。
認知症の人との付き合い方がどんなものか、
分からないんでしょうね。
だから、誰に対してもあいまいにしています。
あ〜、愚痴になりました。ぺこり。
トボ
2009/12/15 22:20
kokoro 様
kokoroさん、こんばんは
こちらからあえて言う必要が生じないときは、言いたくないですよね。
ご近所さん、これがなかなか難しい。
かつての義母は、しっかりした賢い人で、あの年代でピアノも弾ける奥様…みたいな感じで見られていたのでネ、ギャップが大きい

トボ 様
トボさん、こんばんは
親戚…いろいろな人がいますよね。
うちの義母は『認知症』という言葉自体がわかっていないようですが
そのことが良い場合がけっこう多かったりして。
初期の頃は、ツレアイが義母にむかって『痴呆』という言葉をつかったり、リハパンを『オムツ』と言ったりして、私が厳重に注意しました

はじめは、誰でも認知症の方への対応、わかりませんよね。
あいまいにしている方が良い場合も多いです。

愚痴、大歓迎です。
お互いに愚痴りましょう
セラ
2009/12/15 23:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
親戚への告知 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる