カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 手出しはどこまで?

<<   作成日時 : 2009/12/23 23:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

入院中の食事のことです。

手術前から、手の振るえがひどいときはスプーンを使うのも大変そうな母上。

うまくいかないので、1〜2口、口に運ぶとやめてしまいます。

見かねて私が口へ運ぶと、少しは食べてくれるので

体力をつけるためにも…と、手伝っていました。

手術後の今日、

手の振るえは、そんなに無いのですが、

口元への距離感をつかむのが難しいようで、うまく口へ運べず、

すぐに食べることを放棄してしまいます。

まあ、食欲もあまりないようですが・・・。

昼食は私が全て口へ運び、(それでも食べたのは1割ほど)

そのことをツレアイに報告しましたが、

彼は、手伝うことにあまり賛成ではありません。

一度、食事の様子を見てもらうためにも、

たまたま夕食時にツレアイも病室へ行けたので、

一緒に行ってもらいました。

食事時間に、少し遅れて着いたので、

母上はひとりで食べ始めていましたが、

手をつけていたのは、お味噌汁のみ。

その汁も3割ほどは、お盆にこぼしていました。

ツレアイはできるだけ自力で食べられるよう、

助言をしながら勧めたり、少しだけ器を持って助けたりしていましたが、

やはり最後は、根負けして、少しだけ口元へ運んでいました。


帰宅してから

私 「こちらが口元へ運べば、あの倍は食べていたと思うけど…」

ツレアイ 「わかってるけど、食べられなければ、それでもいいんちがう?

      点滴も入っているし…」


手伝うことで残存能力を奪ってしまうことになるかもしれない…。

甘えだすと、どうしても頼ってしまうし。

でも、口から食べることは大事なこと…。

どこまで手を出せば良いのか、迷ってしまいます。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
応援、ありがとうございます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん 御苦労様です

私が思うに・・・お母さんは手術をなさったばかりで
不安と、環境の変化に戸惑っておられるのでは
幼い子供が、病気になった時、母親に甘えるのと
同じように、お母さんもセラさんの事を頼りに
されてるが上に、甘えられてるのかも???
義母も入院当初は、同じような状況でした。
一時期的なことで、落ち着かれたら又ご自分で
食べられるのでは?
少し様子をみられては、どうでしょうか・・
毎日の病院通い大変だと思いますが、セラさん
ご自身の身体にも気をつけてくださいね!
うさぎ
2009/12/24 01:47
確かに難しいですね
セラさんが仰るのもご主人の意見も
どちらも間違って居ないと思うのです。
でも口から食べると回復力に
かなりの違いが有るのも事実です
幾ら点滴で栄養補給が出来ていても
全く違います。
食欲が無い今の状態のお母様
私だったらセラさんの意見に1票入れますね
kokoro
2009/12/24 09:02
食事は介護の大切な部分ですよね。。。
義父は入院中自分で食べていました。でもその食べ方が、ずっとおかゆを食べて、その後おかずを食べる。それも、一時間、二時間かけて食べていました。
全て冷たくなって、カパカパになってしまいます。
あまりにも人間らしさがないので、在宅介護になってからは、私が食べさせるようになりました。「自分で食べる」ことの大切さよりも、「美味しく食べる」ことを私自身が選択しました。

他のこともそうですが自分が選択をしたことで、全て私の責任になってしまいます。
時間がかかっても夫婦二人で納得のいく答えを求められたらいいのかもしれませんね。。。
風子
2009/12/24 11:06
こういう時はどう考えたらいいのでしょうね
どっちでも出来るけど…
何を思って何を大事にするか?・・・・

私も手出しをしそうです
(見るに見かねて…コレ私の都合上ですね)

お母さんの回復の為には自分で食べていただくのもありますが 甘えん坊さんだったらちょっとした支えも心の安定に欠かせないことでしょうし…
バランスかな〜と 思いました

セラさんも身体気をつけてください
スミレココ
URL
2009/12/24 12:04
セラさん、お疲れ様です。
やはり手術直後なので手助けしても食べた方が快復が早いのではないでしょうか〜
麻痺されてるわけじゃないので落ち着けばご自分で食べられるようになるお思いますが・・
kimama
2009/12/24 17:02
うさぎ 様
kokoro 様
風子 様
スミレココ 様
kimama 様
皆様、ありがとうございます
同じような返信になるので、こちらでまとめて書かせていただきますことを、お許しください。

今日の昼食時、たまたま時間が空いたツレアイとともに母上のところへ行きました。
相変わらず、自分では1口2口。
今日は、スプーンもちゃんと口へ届いているのですが、
それ以上は目をつぶってしまったりして、止まってしまいます。
私が口へ運んで、どうにか1割5分ほど食べましたが、
看護師さんがいらして、
看護師「どのくらい、召し上がりましたか?」
私 「1割5分ぐらいです。口へ持っていって、やっと   ですが・・・」
看護師「今朝は全部、召し上がったんですよ」
ツレアイ・私 
   「ひとりで食べました?」
看護師 「いいえ、私が半ば押し込みました(苦笑)」
ツレアイ「こっちが口へ持っていってでも食べさせた方     がいいのかな?」
看護師 「そうですね。今は」

…ということで、あっさり問題は解決
やはり第三者のご意見は助かります。

皆様のご意見も、とても参考になりました。
ありがとうございました。
これからも頼りにしております。
よろしくお願いいたします。
これから夕食の介助にいってきま〜す
セラ
2009/12/24 17:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
手出しはどこまで? カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる