カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 老健からの返事

<<   作成日時 : 2010/01/08 23:30   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 12

夕方、老健から電話があり、やはり医療行為が多すぎるので、

老健では受けられないとのことでした。

すぐにケアマネさんに結果を電話し、これからどうすれば良いのか相談しました。

ケアマネ 「ドクターが点滴が必要と判断されたということでしょう。

      老健は全てだめだと思います」

私 「では、どうなるのでしょう?」

ケアマネ 「今の病院が次を探してくれると思います。」

私 「病院への転院ということですか?」

ケアマネ 「そうなると思います」

私 「即、在宅だけは避けていただきたいので、よろしくお願いします」

ケアマネ 「そうですね。今の段階では四六時中おうちで看るのは無理です。

       私からも在宅担当の看護師さんにお話しておきます」

土、日曜日が入るので、具体的には月曜日以降の話になるとのことでした。

リハビリ病院で、認知症&肝性脳症の対応をしてくれるところが

見つかれば良いのですが・・・・・・


今日も夕食時、あまり食が進まない母上に

私 「お母さん、リハビリ、やってるでしょ

   食べないと頑張れないですよ」

母上 「リハビリ

私 「自分で立ったり、歩く練習をするの」

母上 「してないよ」

私 「えっ 車椅子で下の階に行って、リハビリ、やってるでしょ

母上 「他の方はね

という調子です。


あとは、今の病院を信じて、お任せするより他、なさそうです


それにしても、肝性脳症の発症リスクがあると

今後、老健も特養も使うことはできないということ。

ショートステイも長くは受け入れてもらえない可能性がありますよね。

元々、在宅で、できる限り看ようとは思っていましたが、

覚悟を強いられた感があります。

なんというか、精神的に窮屈

ちょっと落ち込んでいます。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
いつも応援していただき、ありがとうございます。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん お疲れ様です

どうして、医療行為が入ると老健だめなんでしよう
私も息どおりを感じます

今の お母さんの状態では在宅はきついと思えます。
足が悪いと、すべてに介助が必要になってきます・・

そうなると、セラさんが精神的につぶれるのでは?
と心配です。

けあまねさんもそこのところ わかってくださって
るようなので、あまり落ち込まないでくださいね!
きっといい解決方法があると思います。
応援してます!
うさぎ
2010/01/09 00:03
セラさん大変でしたね
最終的な逃げ場が無いと言う感じで
精神的に辛いですね
うちの母もリハビリ病院ですが内科も外科も有りますし
そういう場所けっこうあると思うんです。
なので点滴などは対応出来ると思うんです。
でも出来るだけ近い所にあってくれれば良いですね。
今からあまり心配し過ぎないで
開き直って病院にお願いしてはどうでしょう頑張り過ぎず?に頑張って下さい
kokoro
2010/01/09 00:32
うさぎ 様
うさぎさん、おはようございます

老健の仕組みが、よくわかりません

今のまま在宅になるのは、ちょっと待ってほしいと思っています。
家のリフォーム資料をあわてて請求しましたが、計画や施工に時間がかかりますし…

リハビリ病院の良いところを探していただくことに期待することにします。

いつもありがとうございます

kokoro 様
kokoroさん、おはようございます

将来的に最終的な逃げ場がない…と、夕べは落ち込みました。
おかげさまで今朝は、kokoroさんのおっしゃるように、今からあまり心配しないことにしました
開き直ることにしま〜す

いつもありがとうございます
セラ
2010/01/09 09:39
セラさん
安心しました
うちの母も退院退院させたいと思いながら
ある程度メドがたったと思うと
何も決まって居ない事で不安だらけです。
うちの場合家での生活がスムーズに出来ないなら
即老建と言う風になっているので
ある意味気持ちは
凄く追い詰められています
でも今までも何とか乗り越えられたし
心配し過ぎなくても何とかなるものです
なーんて自分にも言い聞かせているんですが
お互い太っ腹で行きましょう
kokoro
2010/01/09 10:02
セラさん、お疲れ様です。
何だかセラさんの期待していた気持を考えると、附に落ちないですね。
もともと老健は、医療施設と施設の中間施設のはずです。だから、点滴が必要な人を受け入れないというのはおかしいと思います。
それは、その老健の考え方や受け入れ態勢に問題があるのだと思います。その老健自体が医療行為をしている人を受け入れられない何かがあるのでしょう。
また、病院にしても療養型の病院なら長く入院していても問題はありません。

また、色んなことを考えなくてはなりませんね。お疲れのないように。。。
みつば
2010/01/09 11:01
なんか 私がいやな話しをしてしまって 申し訳ありません。 点滴をして 導尿して術後まもない という時期が 老健にとっては マイナス印象になったのではないかと思います。夜間 医者もいない所ですので。 転院については 母上さまのようなお静かで リハビリも 抵抗されない認知症の方は リハビリテーション病院の受け入れは悪くないと思います。また 肝性脳症も 自宅で看られる程度で 点滴も現病院から内容を紹介してもらったもので 対応できるなら 最初の整形病院にもどることも可能ではないかと思うのです。いずれにしても 在宅に戻る意思を強く示すと わりと間口が広がります。 しんどい時期ですが 必ず 道は開けるので めげず きばらず いてくださいませね。
夕焼け
2010/01/09 12:14
ダメでしたか・・
私も老健のことなにも知らなかったので
ネット検索してみました。
良いことばかり書いてあったので、もしかしたら・・
と思っていましたが、ホント残念でした
あとは病院にお任せするしかないですね。
そうですね・・先のことはあまり心配しないで、その都度対処していけば良いかもしれませんね
kimama
2010/01/09 13:26
kokoro 様
お母様、退院できるそうで良かったですね。
でも、退院後のことがやはり気になりますよね。
糖尿病のことがあるから、対処できないと困りますもの。
悩みはつきねど、くよくよせず、
お互い、太っ腹でいきましょう

みつば 様
老健によるのでしょうか。
それとも自治体によって、違いがあるのでしょうか
私には、よくわかりません
また、病院の在宅看護師さんと相談してみます。
ありがとうございます

夕焼け 様
夕焼けさんのコメントのおかげで、いろいろ心構えもできたし、ケアマネさんへの早めのお願いもできたんです。
本当にありがたく思っています
これからもいろいろ教えてくださいね。
めげず、きばらず、頑張ります。
ありがとうございます

kimama 様
ネットで調べると、確かに良いことばかり書いています
医療保険が使えないとか、点滴や薬をたくさん服用している人はダメだなんて、どこにも書いていません
なんなんだ〜って感じですが、仕方がありません。
あとは病院にお任せして、前向きに頑張ります
ありがとうございます
セラ
2010/01/09 15:05
はじめまして。
秋ごろからずっと読み逃げしておりました。
8月末に父親が脳梗塞で倒れ右半身麻痺・完全失語・呑み込む事ができなくなったので胃ろうの手術をしました。
父親に頼りきりでいた母親はあまりに突然の事にショックが大きく気落ちしてしまい、徐々に認知症??と思えるような言動が増えてきました。
そのころからこちらへお邪魔してセラさんの頑張りから私も元気をいただいていました。
父親の入院から1ヶ月後に母親も入院、12月には母親の方が先に帰らぬ人になってしまいました。
80台半ばまで大きな病気も無く入院経験もなかった元気な2人だったのですが、この数カ月で我が家も大きく変わってしまいました。
今うちも入院中の病院の先生やソーシャルワーカーさんと次の行き先について話し合いを続けています。
父親は頻繁に痰の吸引が必要で、よく微熱も出たりするため、特養などの介護施設より病院の方が良いだろうということです。だったらこのままこの病院に・・・と思うのですが、それぞれの病院の経営方針なのでしょうか・・・ここは長くは入院できない〜と。
無期限で入院できる病院もあるようですが、変な話ですが亡くならない限りベッドが空かない・・って事のようです。
セラさんとは状況が違いますが、私も父親のこれからの行き先の事でいろいろと考えております。
厳しい世の中ですよね・・・。
でもセラさんは在宅介護も考えていらっしゃるから偉いですよ。お母様も幸せですね。
セラさんとお母様にとって一番良い方向で話が決まる事を私も願っています。
突然のコメント、そして長くなってしまい申し訳ありません。
しんごまま
URL
2010/01/09 20:38
しんごまま 様
しんごままさん、こんばんは
ずっと読んでいただいていたとのこと、ありがとうございます。

昨年は大変な年を過ごされたのですね。
お母様がお亡くなりになったこと、とても残念です。
さぞ、お淋しいことと…。
お父様には、お元気になっていただいて、お母様の分も長生きしていただきたいですね。
痰の吸引が必要だったり、微熱が頻繁に出るようだと、介護施設よりは病院の方が確かに安心かもしれません。
今の病院には、やはり長くは入院できないのですか。
病院によって、条件がいろいろあるようですので、転院しなければならないのは仕方がないのでしょうね。
お父様、良い転院先が見つかると良いですね。

義母には、自分で立って、伝い歩きぐらいができるようになってほしいんです。
今、退院して自宅に帰ると、毎日リハビリに連れて行くことが難しいし、たぶん甘えが出るので寝たきりになってしまうような気がします。
なんとか良い転院先が見つかるよう、頑張ります
しんごままさん、お互い、頑張りましょうネ
コメント、嬉しかったです。
ありがとうございます
セラ
2010/01/09 22:30
こんばんは セラさん

お返事は、ダメだったんですね。
かと言って今の様子では、在宅はまず無理なので次が決まるまでとにかく無理ですと言って探してもらいましょう。それしかないですよ。
リハビリ施設探してくれると思いますよ。
空きがないからと言って勝手に退院なんてこと出来ないんですから!
なんだか・・・本当に歳を取るって大変ですよね。

頑張っておばあちゃんに歩けるようになってもらいましょう!!
認知症の良いところは、きっと骨折したこと覚えてないのでリハビリするのにあまり恐怖感がないことです。
うちゃこ
2010/01/09 22:42
うちゃこ 様
うちゃこさん、こんばんは

そうですね。
とにかく「今の状況では在宅は無理です」と、はっきりと言うことが大切ですね。
知り合いの経験者の方からもそのようにアドバイスを受けました。
本当に歳をとるのは、大変です。
いずれ私たちもそうなるけれど…

うちゃこさんの予想通り、義母は骨折したことは全く覚えていません。
そうか〜、恐怖感を感じないというメリットがあるんですね
歩けるようにリハビリできる所、頑張って探します。
ありがとうございます
セラ
2010/01/10 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
老健からの返事 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる