カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 同室の方々

<<   作成日時 : 2010/02/04 00:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 7

病室で母上に、例の如く、入院した顛末やリハビリの話をし、

「ゆっくり歩かないと、また転んで、

もう一方の足を骨折することになるヨ」と話していると、

向い側のベッドの患者さんのお見舞いにいらしていた娘さん(Aさん)が

A 「いやいや、同じ足をまたやりますよ。うちみたいに」

.私 「そうなんですか。お母様、同じところを

A 「そうですよ。止めていたところがはずれてね」

驚きました。

そういうことがあるんですね。


向いの患者さんは、90歳を過ぎている女性です。

でも、毎日新聞を読まれていて、すごいなぁと感心していますが、

看護師さんがおっしゃるには、夜中に大声をあげたりすることがあるそうです。

ちゃんと「こんばんは」や「さようなら」の挨拶もされるし、

新聞を読まれている姿は理知的です。

詳しくは聞けなかったのですが、認知症なのかなぁ


もうひとり、同室に患者さん(Bさん)が新しく入院していらっしゃいました。

年配の女性です。

私が母上にナースコールボタンの説明をしていると、

しきりに私を呼ばれる様子。

私 「どうされました?」

ナースコールの線を持って何かおっしゃりたそうです。

私 「看護師さん、呼びます

頷かれるので、ナースコールを押しました。

すぐに飛んでいらした看護師さん。

私 「すみません。Bさんが何か用事があるみたいで…」

看護師 「どうしたの

B 「う〜〜、〇△□×★・・・・・・・・」

看護師 「ナースコールね」

B

看護師 「ちゃんと押せてたよ。バッチシ

私   

   「すみません

看護師 「いえ…

先日の夜勤の看護師さんとは別の方。

また素敵な看護師さんに出会いました


母上、今日は私の説明で、2月末まで病院で頑張ることを納得

やはりツレアイには、甘えてるんだなと…。

ということは、私に遠慮しているのかもしれません。


看護師さん、優しい方が多いし、もう少しここで頑張ってネ


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
いつも応援していただき、ありがとうございます。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん お疲れ様です

お母さん 2月末まで頑張る事納得してくださった

ようでよかったですね
同室の方・・・いろいろな方がおられますよね!
義母も、入退院が長かったので・・・・
間仕切りのカーテンを締め切って人との関わりを
嫌がられる方 しきりにお嫁さんの悪口を・・・

そのお嫁さんから聞くと認知症で妄想がひどいとか?

同じ嫁の立場として、妄想でも他人に悪口言われるの
たまりませんよね
うさぎ
2010/02/04 01:16
うさぎ 様
うさぎさん、こんばんは。

納得したと言っても、すぐに忘れるので、その場でのことですが…
その場だけでも素直に受け入れてくれると助かりますね。

認知症で妄想のひどい方、けっこういらっしゃいますよね。
事情を知らない人は、鬼嫁だと思うかもしれませんね
ホント、たまりませんよね
セラ
2010/02/04 01:52
看護師さんが優しいのは救われますね〜
だからこそ母上さまリハビリ頑張れるのかも〜
母の入院中も他の患者さんにナースコール頼まれました・・
そうすると何故かプリプリしながら来る看護師さんが多かったような気がします
肝心の母は一度も押せなかったけど・・
kimama
2010/02/04 13:40
kimama 様
看護師さんが優しいのは、本当にありがたいです。
一番身近に接する方ですものね。
忙しいと、ナースコールに、不機嫌になられる看護師さんもなかにはいらっしゃいますものね

義母もおそらく、自分では押していないと思います。
足元にちゃんとセンサーマットが置かれています
セラ
2010/02/04 15:00
こんばんは。毎日お疲れさまです。
なんとか義母さん、順調でなによりです。
穏やかで優しい看護婦さんって、
本当にありがたいですよね。
同じところを何度も骨折・・・
認知症だとあまり痛みが分からなかったり、
忘れたりでしょうけど、
それがいいやら悪いやらですね。
トボ
2010/02/04 22:28
同室の患者さんが入れ替わる度
色んな方が居られます
特に高齢者は大なり小なり何処か手助けを
必要とされる方が多いですね

そんな時やっぱり桓技師さんには
優しくしてあげて欲しいです
嫌な顔されていると他人事とは思えません

うちの母ナースコールいくら言っても押さなかった癖に
人の為だと慌てて押してあげるのです
ただのおせっかいなんでしょうか
kokoro
URL
2010/02/04 23:32
トボ 様
トボさん、こんばんは。
本当に優しい看護師さんは、ありがたいです
向いの患者さんの同じところを骨折の話、
ゾッとしました。
さもありなん…という感じです。
義母も骨折したことなんて覚えていないから、早足で歩こうとします。
何度も注意するのですが、秒単位で忘れるので、困ったものです。
痛くないのは、良いのですがね…。

kokoro 様
整形外科のリハビリは、高齢者が多いです。
軽い認知症かな…という感じの方も。

やはり優しい看護師さんは、嬉しいものですよね。

お母様、人のためにはナースコールを押してあげる?
押せないわけではないんですね。
ご自分のためには押さなくても、人のためには押す。
お母様も優しいからでしょうネ

セラ
2010/02/05 00:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同室の方々 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる