カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 長い1日・・・ in 病院

<<   作成日時 : 2010/05/02 00:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 11

昨日(一昨日)は、朝8時20分に家を出て、病院へ向かいました。

病院へ着いたのは、8時45分ごろ。

予約外なので、まず循環器科へ診察申込みをし、

次に整形外科へ。

循環器が10時台17番。整形が9時台4番の予約となったので、

まず、整形外科へ。

4番なので、良かった〜と思ったのですが、

順番がくると、

看護師 「昨日のレントゲンが救急外来から来ていないので、

     来たらお呼びしますね」

待つこと20分ぐらい。

診察室に入って、

医師 「あれっ? レントゲンはこれ? これは2月のレントゲンだよ。

    救急外来からは来てないみたいだね。

    待っているより撮った方が早いし、救急のレントゲンは一方向だから、

    申し訳ないけれど、レントゲン、撮ってきてもらえるかな?」

ということでレントゲン室へ。

ただ、救いだったのは、循環器科もかかっていると知った医師が、

胸部レントゲンも一緒に撮るように手配してくださったこと。

できあがったレントゲン写真を持って、再び診察を待つこと1時間以上

写真を見た医師。

医師 「筋肉に引っ張られて治りにくいところだからギブスをした方がいいんだけど…」

私 「ギブスをすると入浴とかは?」

医師 「水には弱いから濡らしちゃだめだね。保護してシャワーぐらいなら良いよ」

私 「今の添え木みたいなのでは、だめですか?」

医師 「少しでも歩いたりすると、治らないし、痛みがいつまでも残って、

    歩きたがらなくなり、将来的に歩けなくなる可能性が高い」

医師に昨夜の母上の勝手に歩く状態を説明していたので、医師はギブスを勧めます。

歩けなくなるのは、困るので、ギブスをすることにしました。

ギブスをするのに、医師の診察が一段落するまで、またまた待ちます。

循環器科の予約時間はとっくに過ぎていますが、

総合病院なので、病院側としてはよくあること・・・という感じです。

さて、ギブスを装着し、やっと整形から解放され、

循環器へ行こうとすると、

母上 「トイレ」

車椅子用トイレを探し、30メートルほど離れたところへ。

床は汚れているし、ギブスの足を床につけないと立てないし・・・

リハパンだと履きにくいかも…と、オムツをしていたのですが、

つけるのは、けっこう大変


やっと循環器に到着したのは、12時頃。

看護師さんに事情を説明しました。

看護師 「看護師の問診もまだですね」

私 「はい」

看護師の問診を受けるにも15分ほど待ちます。

問診後、心電図と採血検査に行き、

血圧を自動血圧器で2回測って、結果を診察のときに渡すよう指示がありました。


心電図の結果を受付に渡し、

採血の結果が出るのが1時間半後ということで、

その間に昼食をとることにしました。

時刻はすでに1時をまわっていました。

車椅子だし、外へ出かける元気もなく、

病院の地下で軽く食事を取りました。


食後循環器科の待合へ戻りましたが、

2時頃だったのに待合は満員。

玄関を入ってすぐのロビーも会計を待つ人で満員 

連休の中の平日なので、混雑は覚悟していましたが、

午前診が主のこの病院で午後2時なのに、この混雑


待合で待っていると、ずらっと並んだ診察室が見えます。

母上 「開いたところへ行けばいいの

私 「いえいえ、名前を呼ばれないと入れないんです」

母上 

ドアが開いたところへは入れれば、どれだけ良いか(苦笑)


やっと診察の順番がまわってきました。

脈拍は遅いのですが、1分間に50ぐらい。

40を切らなければ、そんなに心配はないそうです。

しかし、心電図では、やはり不整脈が出ているので、

念のため、後日、エコー検査と

ホルダーを装着しての24時間心電図検査をするよう、

言われました。


脈が40を切るとペースメーカーを使用する場合が多いそうですが、

認知症の人は、ペースメーカーを入れた箇所をかきむしってしまったりして、

むずかしいそうです。

ペースメーカーを入れる手術も麻酔や出血を伴うので、

肝硬変が進んでいる母上には、支障があるようです。

つまり、対処法はなさそうで・・・。


なら、なんのために検査をするのか

医師がおっしゃるには、心不全にならないかを調べる検査だそうです。

これから何度も、この混雑する病院へ通わなければなりませんが、

乗りかかった船。

しかたがありません


やっと全ての診察が終わりました。

この時点で4時前。

検査の予約をして、会計に並びましたが、

まだロビーは満員。


会計が終わったときは4時半を過ぎていました。

ケアマネさんの事務所に寄り、仮りに借りていた車椅子を交換し、

そのまま、かかりつけ医のところへ。

アミノレバンの点滴と薬をもらいにいかなければなりません。

連休に入るので、これだけは、行っておかないと・・・。


かかりつけ医の受付で、

私 「また、ころんで骨折してしまいました〜。

   今日は、自家用車に乗ったまま来ました」

奥で先生の「エーーッ」という声が・・・。


点滴を終え、母上が帰宅したのは午後6時40分ごろ。

なが〜〜〜〜〜〜〜い1日でした。



お疲れの母上。

夜はぐっすり・・・と思いきや、

なんと、1時間ごとにお目覚めでした。

恐るべし、母上の体力



2晩、母上の付き添いで寝不足の私。

今日(昨日)は、デイに行かせてもらい、

やっとお昼寝できました。


また、今晩も夜勤が始まります。

・・・って、私は看護師さん


記録がわりに長々と書き綴った記事にお付き合いいただき、

ありがとうございました

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
いつも応援していただき、ありがとうございます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にほんとうに長〜いなが〜い一日でしたね
ほんとうに本当に お疲れ様でした
セラさんの体力にかかっています
介護も時々手抜きをしながら 
今夜を乗りきってください 応援ポチッ!
スミレココ
2010/05/02 13:02
こんにちは。
ホント、読んでるだけでもドット疲れが・・
さぞ母上さまお疲れでしたでしょうね〜
それ以上にセラさんのお疲れ、お察しします
長期戦になりそうなので、セラさん決して無理しないでくださいね。
セラさんが具合悪くなったら困るのは母上さまだけではないですから少しでも周りの方に協力を求めてくださいね
kimama
2010/05/02 14:22
お疲れ様です。
連休の合間の病院は大変ですよね。
記録は勉強になります。ありがたいです。
しかしギブスもやっかいなもんなんですねぇ〜
こちらの言うとおりの行動ができないだけに。。。。
回復を祈ってます。

くれぐれも倒れないよう体力温存で手抜きぃ〜〜をしてくださいね(*^^)v
humiyan
2010/05/02 14:31
セラさん お疲れ様です

実家に帰ってました!
応援ぽちして帰ります
うさぎ
URL
2010/05/02 14:40
スミレココ 様
スミレココさん、こんにちは。

昨夜、乗り切りました
…実は、昨夜は義母が2回しか起きなかったので、なんとか
でも、2回しか起きないリハパンはびしょ濡れ認知症の症状としてはなわけで…喜んでいいのか、悲しむべきなのか、複雑です。

いつも応援、ありがとうございます

kimama 様
kimamaさん、こんにちは。

義母は、とても疲れたと思います。
でも、その夜はなぜかよく起きていました。
私も車椅子に慣れていないので、オロオロ、ヨロヨロ
ギブスは1ヶ月の予定。
でもはずしてもすぐには歩けないでしょうから、長期戦を覚悟しないといけませんね。
適当に手抜きすることを考えて、まわりにも協力をお願いすることにします。
いつも、ありがとうございます
セラ
2010/05/02 14:46
humiyan 様
humiyanさん、こんにちは。

連休の合間なんて、普通なら絶対に避けて通る日なんですが、29日に救急外来へ飛び込んだので、仕方がないし
それにしてもすごい人でした

ギブスをするために簡易の添え木みたいなものをはずしたとたんに、寝ているのに「なんか左足が痛い」と、言っていました。
ギブスをすると全然痛みがないようで、すぐにひとりで立ったり、歩こうとしたりします。
実際に歩くと、ロボットが歩いてるみたいになって、すぐに再転倒しそうです
いっそのこと、痛い方が良いのになんて思ったりします。

『体力温存、手抜き万歳
今月の標語にしよう
いつもありがとうございます

うさぎ 様
うさぎさん、こんにちは。
深夜の更新がなかったみたいなので、ちいとばかし、心配していましたが、実家へいらしてたんですね。
お母さま、喜ばれたことでしょう

いつも応援、ありがとうございます
セラ
2010/05/02 14:54
お母様もセラ様もホントお疲れのほど理解できます。人間社会では,姑小姑など(私もその立場になるのですけれど)いろいろとあって、気配りをしても仕切れない現状出もあります。

記録し続けることは自分のためでもありますよね。

あらら、幽界、霊界の方にお話をしていたのかしら^^;
またいつか
はな
2010/05/02 19:17
セラさん、ほんとにお疲れ様。
私もかつて義母の「ものわすれ外来」や
息子の持病などでよく医大などに行きましたが、
大きな病院は病気の人には無理・・・っと、
いつも思ってました(笑)
病識のない認知症者でしかも体も不自由では、
付き添い者がどれだけ大変か・・・。
読むだけで、私まで疲れましたよ。

ほんとに、ご主人様のお休み中に
体力温存を〜。
トボ
2010/05/02 20:46
はな 様
はなさん、こんばんは。

昔から姑や小姑と嫁との関係はむずかしかったみたいですね。
そういう関係があるのは、人間社会だけかもしれませんね。
別に取り立てて仲が悪かったわけでも、良かったわけでもないけれど、気を遣うのは事実です
ありがとうございます

トボ 様
トボさん、こんばんは。

確かに大きな病院は病気の人には無理っぽい
・・・って、なんのための病院
どうして来ているのかわからない車椅子の義母をあちこと引っ張りまわすのは、大変でした

ツレアイが今度、休めるのは11日ぐらい。
連休中も仕事なんです〜
セラ
2010/05/02 20:58
うちの母の通院で泣き事言ってたけど
うちの場合はまだまだ序の口
ご苦労様

ギブスをした事で痛みが無いのは
うれしいことですが
セラさんにとっては気を抜く暇が無く
これから暫く大変でしょうが
頑張って下さいね
kokoro
2010/05/02 22:38
kokoro 様
kokoroさん、こんばんは。

kokoroさんの場合、準備から大変ですもの。
お疲れ様でした。

ギブスの力は偉大ですが、痛みがないというのは、困る場合もあるんですね。

ボチボチ頑張ります
セラ
2010/05/02 22:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長い1日・・・ in 病院 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる