カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 車椅子…嫌わないでくださ〜い

<<   作成日時 : 2010/06/30 22:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

今日は、先日骨折した足首の診察に

入院していた病院へ行ってきました。

レントゲン写真では、骨折はすっかり治っているそうです。

ドクターが左足首を強くつかんでも、

母上は無表情。

ドクター 「先月は痛そうに顔をしかめたのにね。

      ほら、今は顔をしかめない」

私 「日によって調子が良いときは、勝手によろよろ歩きますが…」

ドクター 「う〜〜ん、このままのほうが良いかもね」

私 「やっぱり? よろけながら歩くので、こけるのが怖くて、

   車椅子が手放せないんですけど…」

ドクター 「それでいいんじゃない? 大腿骨頚部を折ると、

     今度は、ヤバイよ。手術に耐えられるかどうか…」

私 「ですよね。このまま車椅子中心でいこうと思います」

ドクター 「また2ヶ月後に来てください。気をつけてね」

本来なら急性期医療中心の病院。

母上の状態では、もう来なくても良いと言われてもおかしくないのに、

2ヶ月後にも診てくださるとのこと。

ドクターはずっと、気にかけてくださっているようです


周りの人がみんな母上の転倒・骨折を心配しているのに、

当のご本人は、もちろん、そんなこと夢にも思っていない


さきほども寝ていてトイレへ行こうと起きられたのですが、

母上 「ひとりで歩いて行くからいい

車椅子を拒否し、よろめきながらトイレへ。

すぐに手を出せる位置で母上のあとをついていくのですが、

車椅子に乗ってくれたほうが介助するほうは楽なのに…


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
いつも応援していただき、ありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん お疲れ様です

車椅子拒否。。。ほんと困りますよね

お母さんの場合 大腿骨骨折にでもなり

手術になると大変な事に

1日中 張り付いてる事もできないので

転倒 防ぎようがないですよね!

以前義妹が椅子に座ってて椅子ごと転倒した時
とても自分で歩けるような状態では
なかったんですが。。。。。

認知症は 自分がどんな状態であることも
わからないんですものね!

本当にお疲れだと察します。
うさぎ
2010/07/01 00:02
うさぎ 様
うさぎさん、おはようございます。

きっぱり拒否される時は、困ります。
しっかり歩けるのなら良いのですが、
ヨロヨロ、そこら中の壁や家具に手をつきながら、
今にも転びそうに歩くので…

帰りは車椅子に乗ってもらおうと、
トイレの手すりと壁の間に、
すきまの無いように、
ストッパーをかけて置いておいても、
それを乗り越えて?どけて?
歩いて出てくるときがあります

かなり痛みがあるとかでないかぎり、
自分の状態はわからないようですね

転倒…時間の問題なのかもしれません。
整形外科のドクターは、そんな感じで、
お話していらっしゃいました
セラ
2010/07/01 10:15
セラさん、お疲れ様です。

車椅子拒否、困りますね。
実母は認知症でかつ歩行が不安定でしたが、
一度の骨折で車椅子をあっさり受け入れて、
それっきりです。
なんか自分であるこうとする意欲が全くなかったみたい。
危険がなくなり、楽ではあります。
お義母さま、自立の意欲がたっぷりというわけでも
ないんでしょうにね。
困りましたね。
ごめんなさい。
困りましたね・・・とばかり書いてもね・・・。
トボ
2010/07/01 15:41
トボ 様
トボさん、こんにちは。

お母様は車椅子をすんなり受け入れてくださったんですね。

転んだことも骨折したことも全く覚えていないので、
自分がまともに歩けないなんて、考えないんです。
だから当然のように立って歩こうとする
痛みが強かったときは、それでも立った時点でとまったのですが、今は歩き出してしまいます。

本当に「困りました」
『困りましたね』と同感してくださるだけで、
落ち着きます
セラ
2010/07/01 16:48
こんにちは。
骨折したところが治ったのは良いけれど
やっぱり車椅子でないと危なっかしいんですね〜
ウチの母もそうですが・・
今でも自分で何でもできると思っているから
出来ないことを納得させるのは難しいですね
kimama
2010/07/01 17:33
セラさん こんにちは

車椅子拒否。うーん歩けるなら問題なしなのにね。
我が家のばあちゃんもヨロヨロで歩いていて、何度か転倒していますが骨折ないんです。かなり骨が丈夫なんだわ。
ヨロヨロのくせに、壁にもつかまらないし。

認知症…動けるけど自分で管理出来ない。
動けるから良い!って単純に喜べませんね。
うちゃこ
2010/07/01 17:33
心にかけていてくださってうれしいですね
やっぱり私たちにはDr.が頼りだもの
それにしてもお母様はすごく意思の強い方だったの?
車いすがイヤなのは何故なんでしょうね
こちらがいくら願っても本人も意思があるし・・・
なかなかこちらの思うようにはいきませんね
セラさん困っちゃうねほんとに
目が放せないし・・・こんな時他の方たちはどうしているのかしら・・・
スミレココ
2010/07/01 19:15
kimama 様
こんばんは。

肝臓が悪くないのなら、自分で歩いて右足の大腿骨頚部を骨折したとしても全身麻酔の手術で治るのですが、前回の左足のときでも急性期病院へ転院して、万一のときの覚悟をした上だったので、再度の全身麻酔手術はできれば避けたいんです。

でも本人は、そんなこと全然わかっていないんで困ります

うちゃこ 様
うちゃこさん、こんばんは。

うちゃこさんのお義母さん、転倒しても骨折しないの、良いですね。
立派な骨をお持ちなんだ

うちは半年で3回の骨折ですから、どうしても臆病になります。

今回、退院後にリハビリ病院へ問い合わせたんですが、
「認知症の方は、歩けるようになっても再度、転倒、骨折されるんで…」と断られました。
その通りなんで、引き下がらざるを得ませんでした

歩けるようにならない方が良い…ということ

スミレココ 様
スミレココさん、こんばんは。

いざ、骨折したとき救急隊員に『かかりつけの整形医』は〇〇病院の〇〇先生といえるのは心強いです。
この街では一番の病院なんで。

義母は意思が強いというか、自分の思いどおりに暮らしてきたということはあります。
息子や娘のおばあちゃん評は『おばあちゃんは我侭やから…』
もちろん、認知症になるずっと前から
なので自分の思うようにしたいんだと思います。

ホント、家に居る限り目がはなせないので困ります。
みなさん、こんな時、どうしていらっしゃるのでしょうね。
セラ
2010/07/01 22:34
セラさん、こんばんは。

ほんと、転倒で骨折はもう勘弁ですよね。
いつまでも、心配尽きないですね。

うちもよろよろ歩いてるから、転ばないか心配です。
入院すると、お義母さまのように、認知症も急に進む可能性ありますよね。

それにしても、いいお医者様がかかりつけというのは心強いですね
みかん
2010/07/02 00:29
みかん 様
みかんさん、こんにちは。

転倒・骨折…避けたいです

みかんさんのお母様もよろよろ…なんですね。
心配ですよね。
入院して環境が変わると認知症が進む例は多いようです。
転ばないように祈るっきゃないかな

お世話になっている病院の整形外科には、
大腿骨頚部骨折の際に主治医だった先生と、
今回の左足首骨折の際にお世話になった先生。
2人の若い男性ドクターが義母のことを案じてくださっています。
ありがたいことです
セラ
2010/07/02 10:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車椅子…嫌わないでくださ〜い カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる