カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 母上、入院!

<<   作成日時 : 2010/10/13 00:29   >>

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

昨夜は、とうとう1回も起きずにずっと寝ていた母上。

今朝、ツレアイは早朝に仕事に出かけ、

私ひとりで車椅子に乗せてかかりつけ医院まで連れて行けるかと、

不安でしたが、車椅子の肘掛部分が上げられる仕様だったので、

なんとかベッドから横へずらして座らせることができました。

しかし、医院の待合室で待っていると、

頭が後へ倒れてしまいます。

首に力が入らず、頭を支えることができないんです。

頭部の背もたれは無い車椅子なので、仕方なく私が手で支えていました。

わけもなく、両手を上にあげていき、宙をさまよって、また下ろす。

誰の目にも明らかに、脳がおかしいとわかります。

呼びかけても反応はあるような、ないような・・・。

ドクター「外来では、限界かな・・・。点滴をしている間に紹介状を書きます」

ということで、私はいったん自宅に帰り、すぐに入院の用意。

ツレアイに電話し、仕事の合間に同行できる時間帯を探してもらいます。

入院先は、車で30〜40分のところ。

車椅子車椅子 への移動が私ひとりでは無理です。

ツレアイはあとの仕事のことを考えると、車2台で動きたかったようですが、

点滴のあとに連れて行くことになるので、

嘔吐が心配で、無理を言って車1台で行くことにしました。

案の定、しっかり車中でも、到着した病院内でも嘔吐がありました。


消化器内科のドクターに診察していただいたのですが、

ドクター「おそらく肝性脳症が酷くなっているのでしょう。他にも検査はしますが…。

肝性脳症なら、数日入院して、絶食、点滴をすれば回復します。

しかし、劇的に回復することはありません。

今でも週に3〜4回のアミノレバンの点滴をされているし、

ラクツロースもこれ以上増やすことはできません。

週に4回ぐらいの点滴でいけるようになれば、退院してかかりつけ医院で、

また点滴してもらうことになるでしょうけれど、

週に5回以上、必要になったら通院も大変です。

その場合は、療養型病院へ入るという方法もありますが…。」


頭のCT検査、胸のレントゲン、心電図、

そして、採血。

待っている間、ずっと頭を支えているのが大変

頭って、重たいんだと実感しました。

ツレアイはドクターの診察の間だけ居て、

すぐに仕事に戻ったので、付き添いは私のみ。


採血では、元々血管が細く、奥にあって採りにくい上に、

頻繁な点滴で、入る場所が限られ、

看護師さんが3人がかりで苦労されていました。


病室では、さっそく点滴が行なわれたのですが、

手では入らず、とうとう足に針がさされていました。


長い検査が終わり、病室へ移ったころ、

仕事の合間をぬって、ツレアイが戻ってきてくれました。

病室で点滴が始まり、落ち着いたのを見て帰宅することにしました。

ツレアイは、またまた仕事先へ行くので、

私は最寄の電車の駅まで車に乗せてもらい、電車で帰ってきました。



帰宅すると、ドッと疲れて、しばし寝てしまいました。


明日、また病院へ行きます。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大変でしょうが、がんばってください。

いずれはわが身です。

また訪問させていただきます。
くるーり
URL
2010/10/13 09:06
セラさんへ

お母様、心配ですよね。
そしてセラさん自身の体も悲鳴あげていると思います。
全身の力が抜けるととても重いです。
その時だけは、私はどうしようもないので
救急車を今まで呼んでいました。
なるべく、セラさんも体に負担がないようにと思います。
今のかかりつけの先生は訪問はやっていらっしゃいますか?
うちの父は体中の力が抜け一昼夜意識がない事、
ここ最近多いのです。
それでも点滴をやれば起き上がれるまでになります。
お母様も辛いでしょうが、それを看ているセラさんもとても辛いことでしょう。
お母様も尊厳死を求めていたんですね。うちの母は急死でしたが患いをするのであれば、尊厳死を訴えてました。
父は、正常な時があるのでとても辛いようで
最近はないですが、泣いていた事もありました。
自分が自分でないのが半分わかるようで・・・
お母様やセラさんの気持ちもお察しします。

先日、コメントに載せましたが、
私事で申し訳ないです。
父の訪問医を頼むのに先生とお話した所、
訪問で週3日はいままでにないと言われました。
昨日は医師から連絡があり、
毎日点滴しないとダメな状況なので
訪問は無理だから転院先を探す、と話が出ました。
ただ、一昨日は父はとても普通の状態で話が出来たので、父の意向と私の気持ちを伝え、
在宅では無理な事がわかっていますが、
調子いい来週、退院させる予定でいます。
家に帰ってから点滴の抜き方や血液が凝固しない注入の仕方を私が今度看護士から今週末教わります。
点滴の漏れなど本当に怖いです。
ただ、父が今まで私の為に頑張って生きてくれた事がわかるので、
もう無理せず、点滴が無理になった時は自然にまかせようと思っています。



ももこママ
2010/10/13 11:39
くるーり 様
くるーりさん、こんばんは。
初めまして
コメント、ありがとうございます。

くるーりさん、今日、お誕生日なんですね。
お誕生日、おめでとうございます
ひょっとすると、私と同世代かな。

ほんと、いずれはわが身ですね。
また、遊びにいらしてください。

セラ
2010/10/13 17:21
ももこママ 様
ももこママさん、こんばんは。

自宅のベットから車椅子はなんとか移せましたが、
車への移動は全面的にツレアイにしてもらいました。
女手では、52キロを抱えるのは無理です。

かかりつけ医が訪問をしてくれるのかどうかは、わかりません。
してくれるとしても、うちも最低週に3回。
今は4回になっているので、それだけの回数を訪問はむずかしいかもしれません。

尊厳死…我が身に置き換えると、そうしたいと思いますよね。
寿命を全うするということが、これだけ医学の進歩した現代、とても複雑で難しいことになっているような気がします。

退院を決断されたももこママさんとお父様のお気持ち。
なんとコメントして良いのか…。

でも、お父様とももこママさんの決めたこと、私は応援します。

これから大変だし、辛いこともおありでしょうが、ももこママさんが倒れないようにね。

セラ
2010/10/13 17:32
セラさん、お久しぶりです。
お母様、大変ですね。
でも今は入院しておられるので一安心、セラさんもすこし休息できれば良いのですが・・・。
私ごとですが・・・
うちの父親ですが、本日転院しました。
1年2ヶ月近く、町内の病院に入院させてもらえて、ありがたいことですね。
今度の病院は療養型の病院で、期限なく入院させてもらえます。
変な話ですが、ここで最後を迎えることになるのですね。
今朝移送してもらう時には、運転手さんにお願いして家の前に車を止めてもらい、近所の方たちにも父親に会ってもらいました。
自分が何をしているのか、誰と会っているのかなんて全くわからないのでしょうが・・・。
長年住んでいた土地、おそらくもう元気な姿で戻っては来れない我が家。
車の中だったけど、父親なりに感じ取ってくれたかな・・・。
本当はスグ近くの母親の眠るお墓にも連れて行きたかったけど、そこまで無理も言えないのであきらめました。
私は遠くなってしまうけど、今度は姉の家が近いのです。
いつまで置いてもらえるか・・・なんて心配もないので、その点は安心ですが。
なんだか自分たちでは何もできず、すべて病院任せで・・・ちょっぴり心が苦しいです。
セラさんたちのように在宅で介護しているかたに申し訳ないような気持ちです。
いろんな思いがこみ上げてきて、今日はなんだか切ないです・・・。
セラさんご自身もお身体を大切にしてくださいね。
お母様、お大事に・・・。
しんごまま
URL
2010/10/13 17:41
セラさん、お疲れ様です。

この状態では、家では無理ですよね。
入院で、症状改善されるといいですね。

病院への通いも大変ですから、気をつけてくださいね^^
みかん
2010/10/13 23:26
しんごまま 様
しんごままさん、こんばんは。

入院してくれていると、確かに安心ですし、
私も少し休むことができます。

しんごままさんのお父様、転院されたのですね。
車でお家の前まで行かれ、ご近所の方にも会わせてあげたんですね。
お父様、全てはわからないかもしれないけれど、どこかできっと感じていらっしゃると思います。
親孝行なさいましたね。

今まで、しんごままさん、とてもがんばってお父様のお世話をされてきたんですもの。
これからは、少しお姉さまにバトンタッチ。

でも、遠くへ行かれると思うと淋しいですよね。

お父様にとっても、しんごままさんやお姉さまにとっても、これからの生活が穏やかでありますように。

しんごままさん、転院の準備等、大変だったことでしょう。
お疲れが出ませんように。

コメント、ありがとうございました
セラ
2010/10/13 23:41
みかん 様
みかんさん、こんばんは。

今朝、病院へ行って、
改めて入院していて良かったと思いました。
家で、あの状態では、不安で不安で…。
今、絶食で点滴ばかりしています。
たぶん症状は改善されると思うのですが、
予想より回復が遅いようです。

いつもありがとうございます
セラ
2010/10/14 00:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母上、入院! カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる