カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し回復!

<<   作成日時 : 2010/10/14 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

今日は、夕方、病院へ行きました。

ベッドの向きが90度変わっていて、

母上は、なぜか枕の反対側、足元に頭を向けて寝ていました。

ベッドにはビニールシーツが敷かれ、

柵の間から抜けられないよう、

柔らかい素材でくるんだ板のようなものが、

1枚は、床に。

もう1枚は枕側の少し隙間があるところをカバーするように

置かれていました。

これって、ひょっとして、母上がひとりで

ベッドから下りようとしたということ


腕は、あいかわらず振るえていて、

絶食、点滴も続いていましたが、

目が昨日とは違って、しっかりしています。

受け答えもだいぶできるようになっていました。

そして、もぞもぞしているかと思ったら

母上 「トイレはどっちへ行けばいいの?」

ちゃんと、文章をしゃべりました

私 (やっぱりトイレへ行こうと、ベッドから下りようとしたのかな

  「今、立つと足が振るえて危ないから、トイレへは行かないからね。

  オムツをしているから、そのまましても大丈夫だから・・・」

それ以上、トイレのことを言うことはなく、

すぐに頃眠状態になりました。


昨日より症状は改善されているようで、ホッとしましたが、

どうも別の問題が生じているようで、

看護師さんにうかがおうかと思ったのですが、

夕食どきで忙しそうだったので、遠慮して、帰ってきました。


昨日は、本当にどうなることかと心配しましたが、

今日の状態を見て、少し安心しました。



今日は、ひとりで車で行きました

行きの道順は、昨日、ツレアイと一緒に行ったので覚えていたのですが、

昨日は、帰りに他の所へ寄ったので、

病院から高速道路入り口への行き方がわかりません

病院周辺の土地勘は全くないし、

元々、方向感覚も良くないほうなんで、

電車とパスで行こうかと思ったのですが、

ナビがあることを思い出して、車で行きました。

実はナビはあまり使ったことがありません。

でも今回は、ナビのおかげで夜道でもなんとか帰ることができました。

ナビって優れものなんだ〜と、今頃気付いた私でした。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

いつも応援していただき、ありがとうございます。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん お疲れ様です

お母さん 少し回復されたようで安心しました。

お母さんの口から おトイレの事がでると・・・
何故かほっとします

夜道の車での 走行は昼間と違いふいんきが
違うので 横に乗ってても方向わかりません^^;

私なら 方向音痴の機械音痴なんで ナビあっても
迷うかも

セラさん お疲れでませんように!
うさぎ
URL
2010/10/15 00:23
セラさん、お疲れさまです。

たいへんなことになっていますが、
少し回復されたときいて一安心です。
人間の、義母さまの、回復力がすごいのか、
医療がすごいのか。

病院へは高速を使うのですね。
ただでさえお疲れでしょうに、
たいへんですね。
夜の高速はとくに気をつかいますよね。
くれぐれもお気をつけて。
トボ
2010/10/15 06:47
セラさん、お疲れ様です。

セラさん、全く冷たいなんて私は思いませんよ。
逆に義理のお母様でよくここまで見ていらっしゃると私はブログを見て思いました。
お母様、意識は戻られたようでよかったです。
お母様も頻繁に起こしていらっしゃるようで、
震えは父もご飯を食べて話していても起きてました。
その後に、悪くなる事があったので震えが出た時にアミノレバンをやってもらってました。
そしてベットまわりの事ですが、父も全く同じです。

感染症ですが、
手に腫れが見えてきます。
赤くなり熱感も出て、ひどくなると痛みがあります。発熱もあります。
うちの父はこの3月に蜂窩識炎を放置されて
手術を2度した事は前にコメント入れたんですが、
その以前、蜂窩識炎になった病院で
培養の検査をしたらMRSA(院内感性)まで感染されていたんです。
父の病気は自己免疫力が低下する病気であるので
感染症とも闘えませんが、よく2度の手術に耐えてくれたと思います(全身麻酔でした)
それもあり、今回わたしはポートの埋め込み、
そして自宅に帰ったら
父がもう「何もしないでいい」という医療行為そのものを拒否する事を私に告げたので
私は辛いですが、父の気持ちにそう事にしました。
正直怖いです。

肝性脳症になってから、
最初は認知症と思った事もありました。
病院でも身内も、父を認知症だと思われた時がありますが、
毎日みている私は、
正常な時に父をみる事が出来るのと
認知症検査にも行き、やはり病気からくるものとわかり、父の正常で認識できる時の話を私はくんであげるのが最後の私のつとめだと思っています。

ももこママ
2010/10/15 10:50
ごめんなさい、都築です。

点滴やれば回復するのに、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
やはり、これまでの闘病を看ていてもう父は十分頑張ったと思うので、やはり私は自宅での生活を送り自然に任せようと決めた次第です。

あまり悪い事をコメントするとセラさんも気にされると思い、感染の事を詳しく今まで入れませんでしたが、同じ病気をもっている家族、、
セラさんが、思い悩んだ時に一つの参考になればと思います。
セラさんのこと、応援しております。
今後も、今までの先生がよく診てくださっているようですし、ケアマネさんとも相談されて、
セラさん、お母様にとって良い方向に流れる事を祈ります。きっと良い方向に流れますよ。
出来る人にしか試練は与えられないです。

追伸:Pandaさんのコメントであったように父も入院前の5ヶ月全く脳症を発症せずに落ち着いていました。希望もあります。
ももこママ
2010/10/15 10:54
うさぎ 様
うさぎさん、こんにちは。

ありがとうございます。

ホント、トイレの話題が出ると、何故かホッとしますよね(苦笑)
でも、ひとりでベッドから下りようとすると、すぐに追い出されそうです
ある程度、しっかり元に戻るまで置いてほしいので、ちょっぴり不安です。

ナビ、あっても曲がるところを間違って、遠回りをして帰ってきたような気がします。
ナビって、間違ったら間違ったで修正して誘導してくれるからありがたいです。
いつもありがとうございます

トボ 様
トボさん、こんにちは。

ありがとうございます。
おそらく現代医療のおかげだと思います。
ひと昔前なら肝性脳症で昏睡のまま…だったと。
でも、考えてしまいます。
ひょっとすると、私ならそのまま眠っていたいかも…と。
なにが良くて、なにが悪いのか、わからなくなります。

高速、使わなくても行けなくはないのですが、地道だとかえってわかりにくいもんで
おそらく時間的には15分ほどしか変わらないと思います。

いつもありがとうございます
セラ
2010/10/15 11:35
セラさん、お義母さん少し回復されたようでよかったですね!
意味の通じる言葉が出ると、改善されたかどうかの目安になりますよね。

病院けっこう遠いのですね。高速に乗るほどの距離なんですか!?通うのも大変ですね。
(でも入院の方がセラさんゆっくり休めるかな?)

ももこママさんのコメントを拝見し、治療やめる勇気すごいな・・と思いました。
私もいつも葛藤していますが、アミノレバン点滴やや食事やお酒の制限。。
高齢の父の自由を奪っているのは、ただ脳症になると私が大変で嫌だからってだけなんですよね。。

本人は命が短くなっても好きなもの食べて飲んで暮らしたいと思っているかもしれないにの。
最近お酒飲みたがらなくなったのをいいことに、たぶんこのまま大好きな焼酎も死ぬまで規制しちゃうんだろうな>私

ポートの手術も本人に詳しく説明せず、ぼかした言い方をして無理やり病院つれていってわけのわからないまま手術しています。
感染症なのか拒否反応かはわからないですが、うちの場合は点滴すると高熱が出て3度やり直しました。

これでいいのかいつも悩みますが、ひどい認知状態ではないですが、正常な判断ができるほどはしっかりしてないので、私の一存ですべて決まってしまいます。

悩ましい病気ですね。。

panda
2010/10/15 12:04
セラさん お疲れ様です。
いつも本当にご苦労様です。
セラさん自身、お疲れが出ませんように。
ほくちゃん
2010/10/15 18:43
セラさん、お疲れ様です。

少しでも快方に向かわれて、良かったです。

知らないところは、向かった方向と、帰る方向が逆になるので、わからなくなりますよね。
私も、方向音痴でよく迷います。
夜迷うと、不安が増します。
私もつくづく、ナビって賢いなあと思います。
みかん
2010/10/15 19:58
うさぎ 様
うさぎさん、こんばんは。

ありがとうございます。
少し回復していて、安堵しました。

ホント、トイレの話が出ると何故かホッとしたりして

ナビがあっても曲がるところを通り過ぎたようで、遠回りして帰ってきました(苦笑)
私もうさぎさんに負けない方向音痴かもしれません。

トボ 様
トボさん、こんばんは。

たぶん医療がすごいんだと思います。
昔なら、何も食べられず昏睡状態のまま…だと。

高速道路を使わなくても行けるのですが、一般道だとかえってわかりにくいもんで…。
時間的には15分ほどしか違いません。

病院へ通っていて病院へ入るようなことになっては、お話になりませんよね。
事故には、気をつけます
セラ
2010/10/15 22:13
ももこママ 様
ももこママさん、こんばんは。

お父様の意思を尊重されること、よく決断されましたね。
さぞ、お辛く悩まれたことと思います。

私の実母が長年糖尿病を患っていて、子宮がんになり、手術後、医師から勧められた抗がん剤治療を断ったときのことを思い出します。
糖尿病のせいで、体力が弱っていた母は、抗がん剤治療に耐えられないと自ら判断したのでしょう。
再発覚悟で、退院してこのままの生活を続けたいと父と私に訴えました。
それまでは気が弱く、なにを決めるにも迷って父に頼っていた母が、初めて自分で決めたことでした。
父も私も泣きながら聞き、了解しました。
その後、母は2年間充実した人生を送り、肝臓に転移したガンの治療も拒否し(手術もできない場所でしたが)父とふたりでさがしたホスピスに入り、亡くなる2日前まで笑顔で過ごし、旅立っていきました。
私も毎日ホスピスに通い、子供達も頻繁に会いに行っていました。
見事な生き方、死に方だったと、今、痛感しています。
ごめんなさい。自分のことばかり話しました。
ももこママさんの決断。
私は応援します。

ポートのこと、感染のこと、いろいろ教えていただき、ありがとうございました。とても参考になりました
セラ
2010/10/15 22:29
panda 様
pandaさん、こんばんは。

意味不明のことを言ってるうちは、脳症は改善されていませんものね。
今日も病院へ行ってきたのですが、何を聞いても「わからへん」を連発していましたが、「わからへん」と言えるだけでも良しとしなければ!

病院、車で片道30分ほどです。
一般道でも40〜45分なんですが、高速を使ったほうがわかりやすいもんで…。
そんなに遠いわけではないし、家にいるときよりは、ずっと楽をさせてもらっています。

ひと昔前なら、肝性脳症が進行してこん睡状態に陥り、そのまま永久の眠りに…だったのでしょうね。

私もいつも考えます。
治療をすることが、本人にとって良いことなのか?

義母は認知症なので、肝性脳症がおさまっても、記憶力や判断力は低下したままなので、病気のことを話しても、自分が肝臓を患っていることは理解できません。
どこかが痛いわけではないし、自分はどこも悪くないと思っています。
点滴のため「病院へ行きますよ」と言っても、「病院」と、不思議そうな顔をしています。

義母はしっかりしていた頃、日本尊厳死協会に入会し、嫁である私に「無駄な延命治療はしないでほしい」繰り返し言っていたんです。

今、私たちがしていることが、はたして義母の思いにそったことなのか、いつも悩んでいます。

本当に悩ましい病気です。
セラ
2010/10/15 22:44
みかん 様
みかんさん、こんばんは。

ありがとうございます。
少しずつですが、快方へ向かっているようです。

高速の降り口と乗り口って、方向も逆だし、けっこうわかりにくいんですよね
夜間はまわりの景色も見えにくくて、困ります。
みかんさんも方向音痴仲間でしたか。
ナビ、今回、初めてありがたさがよくわかりました。
セラ
2010/10/15 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
少し回復! カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる