カイゴ迷い道

アクセスカウンタ

zoom RSS 叔父の七回忌

<<   作成日時 : 2011/02/14 11:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 16

先日、叔父の七回忌がありました。

叔父夫婦にはお子さんがいません。

叔母は今もツレアイや義弟のいる職場で働いています。

叔母のご両親は既に他界されていて、

女の子ばかりだったご実家は、

妹さんが跡をついでいらっしゃいますが、少し遠いところにあります。


77歳の叔母は、現役で働いていらっしゃるだけに

頭はしっかりされています。

でも、持病を抱えていて薬が手放せません。

叔父の葬儀のとき、四十九日、一周忌、三回忌、

そして今回の七回忌。

お会いする度に妹さんから

「姉のこと、どうぞよろしくお願いします」と言われます。


昨年孫が生まれて、我家がにぎやかになり、

子供がいない方の心細さや淋しさを、

前より一層、考えるようになりました。


ツレアイは、叔母に

「いざとなったら面倒は看る」と言っています。

私も在宅で看るかどうかは、わかりませんが、

できる限りのお世話はさせていただこうと思っています。

親戚になったのもツレアイと職場が同じなのも縁。

子供の代わりにはなれないけれど、

甥夫婦として、少しでも叔母に寄り添えたら…と思っています。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
セラさん こんにちは。

叔父さんに七回忌だったんですね! 

叔母さん77歳で お子さんがおられない 義妹も元気だったら 寂しい思いで余生を送るんだな〜〜と ふと頭を
よぎりました。

叔母さんの面倒をセラさんが・・・・・子供達が義妹を看るのと同じだと思うと もし私たちが義妹より先に逝った場合 子供たちは義妹(叔母)を セラさんのような優しい言葉かけれるのか?

今は子供が親を看るだけでなく 私の知り合いで孫さんが 祖母さんを看られてる方がおられます・・・・

叔母さんもセラさんご夫婦の 思い嬉しく思っておられるでしょうね!
うさぎ
URL
2011/02/14 14:12
うさぎ 様
うさぎさん、こんにちは。

叔母はずっと仕事を続けてきて、
それはそれで充実した日々を送ってきたことと思います。
でも、歳をとってくると血のつながった身内が近くにおらず、心細いこともあるだろうなぁと思います。

未来のことですし、どうなるかはわかりませんが、できるだけのことはしたいと思っています。

そのためには自分自身が元気でなくちゃね
セラ
2011/02/14 14:33
セラさん こんばんは

今は、子供の居ない家庭・独身者がとても多いので・・・セラさんのように親戚の方を面倒みると言うのが出てきますよね。親だけじゃないのですよね。でもセラさんすごいです!
私・・・言えるかな?逃げちゃうかもしれないって思います。気持ちあってもなかなか言葉に出せません。素晴らしいです。でもその気持ち大切にしたいですね。
うちゃこ
2011/02/14 23:38
うちゃこ 様
うちゃこさん、こんばんは。

今日は、こちら方面でも積雪がありました。
この冬、初めてかもしれません。
うちゃこさんのところに比べれば、
笑っちゃうような量ですが…。

これから、独身や子供さんのいない人がもっと増えてきますよね。
今、自分や家族が元気だから言えることで、未来のことだからどうなるかはわかりません。
それと在宅では、難しいだろうと思っています。
無理をしない範囲で、できることをね。
セラ
2011/02/15 00:09
セラさん、こんにちは。
また冷え込んできて、
溶け残りの雪が凍りそうですね。

子どもさんのいない叔母さまを支えようというセラさん、優しいかたですね。
独身の方やお子さんのいない方は、えてして税金も多めに払っておられるわけだし、
家族はいても、最後は1人になる人も多いわけで、
人の最後って、本当は社会でしっかり支えられるべきだとは思います。
でも、これからまだまだどんどん高齢者増えていくんですもんね。
同居や金銭面は別としても、相談相手になったり
手続きごとを手伝ったりする相手がいるだけでも
心強いと思います。



トボ
2011/02/15 17:49
トボ 様
トボさん、こんばんは。

本当に今年の冬は『冬』って、こうだったよね〜と思い出させてくれるような厳しい冬ですね。

思うだけは、誰でもできるから…。
本当は実行してからじゃなきゃね。
まぁ、有言実行ということで。

トボさんがおっしゃるように、相談相手になったり、入院時などには洗濯や着替えの世話をしたり、諸々の手続きを手伝ったりするだけでも、少しは力になれるかなと思っています。
セラ
2011/02/15 20:30
セラさん、こんにちは。

うちも、叔父(父の弟)が一人でいます。
叔母は連れ子で再婚、その叔母が亡くなって、いろいろ事情もあり、その連れ子とは疎遠になりました。
面倒はかけないと言っていますが、いざとなったら知らん顔はできないですよね。
私たちが、いずれあの世で父に出会ったら、叱られそうですから^^;
今は、そんな状況がどこにでもありそうですね。
みかん
2011/02/16 15:53
みかん 様
みかんさん、こんばんは。

みかんさんの叔父様もおひとりなんですね。
本当に今は、そんな状況が多いですね。
地域や社会全体で面倒を看れれば良いのですが、なかなかそうもいかず。
やはり甥としては知らん顔もできず…ですよね。
でも、ますます少子化の時代になっていくのに、どうなっていくのでしょう
セラ
2011/02/16 18:23
セラさんは偉いな。
私には出来ない事です。
父には、女しか兄弟がいません。
それに、子供もいるので、心配は無いように思いますが、将来どの様になるかわからないので、何とも言えませんが…?
私も独り身なので、先の事心配になりますが、自分で決めた事なので、なるべく迷惑や心配をかけずに生活出来ればな…と、思っています。
violet
2011/02/17 18:07
violet 様
violetさん、こんばんは。

偉くなんかないです。
実際にやっているのならともかく、
気持ちだけなんで…(汗)

独り身の方も多いですよね。
私のまわりでも若い頃からしっかり人生設計を立てて、老後にまわりに迷惑をかけないようになさっている方がいらっしゃいます。
偉いなぁと思います。

でも、迷惑をかけるようになったら、それはそれで、お互い様だから頼れる世の中になったらいいナと思います。
セラ
2011/02/18 00:31
セラさんこんにちは
いかがお過ごしですか
少し落ち着かれましたか

叔母さんのことを面倒みようというご夫婦の気持ち
ほんとに嬉しいと思っていらっしゃいますよ
“お互いさま”なことが出来るっていいなあと思います
必ず自分もどこかで誰かの世話になるのですものね
私もお互いさまの気持ちを大事にしようと思います
スミレココ
URL
2011/02/20 19:31
スミレココ 様
スミレココさん、こんばんは。

ありがとうございます。
おかげさまで、少し落ち着いてきました。

叔母は現役で、しっかりしているので、
まだ、世話になるということは、
あまり考えていないとは思いますが、
誰でも、ひとりで生きていくことは、
難しいと思うので…。

『お互いさま』の気持ち、大切にできたらいいですよね。
セラ
2011/02/20 21:37
セラさん、いつもブログ楽しみにしております。

セラさんは本当に心が広い方ですね。
私は父を見ておりますが、
実際には実の親でみ見ない方が多い世の中、
叔母様は幸せですね。
そう思って頂けるだけでも幸せな事だと思います。
現に、私は父がいなくなったら独りきりです。
まだ40代ですが、いつかは独りになります。
私の場合は、ずっと独身なので
ある意味、独りは一人で気が楽だな、と思っております。
ただ、もともとご主人がおられる方はやはり淋しいと思います。
それを思うと、セラさんの思いはとても温かく優しく感じます。

先日、セラさんのアドバイスを受けて、
早速、介護の集いに行ってきました。
とても参考になりましたし、
私の介護経験を伝えて参考になられた、とおっしゃってくださる方もいらっしゃいました。
介護をされている方で、
私と同じ年代はいなかったので、
友達が分からなくても仕方ないな、
とも感じられました。
私だけでなく、皆、同じような悩みがあるのですね。
私は鬼だと、思っていましたが
人間だったら誰でもついカッとなってしまう事、
誰でもあるものですね。
又、介護の集い是非参加してきます。
本当に有難うございました。
ももこママ
2011/02/21 13:51
ももこママ 様
ももこママさん、こんにちは。

叔母は、ツレアイと職場が同じですし、
車で40分ほどの所に住んでいるので、
家が近いということもあります。
ふだんの付き合いが薄かったり、
家が遠かったりすれば、また話は違ってくると思います。

ももこママさん、介護の集いに行かれたんですね。
少しでも同じ立場の人と、お話ができて良かったです。
人間ですもの。
喜怒哀楽があって当たり前だと思います。
特に介護をしていると、イライラすることが多くなります。
私も言ってしまってから後悔することがありました。
仕方が無いときがあります。
そんな自分も許してあげましょう。

また介護の集いで、少しは息抜きできれば良いですね。
セラ
2011/02/21 17:12
ご無沙汰しております。
長い間、更新されていないので
もうご覧になっていらっしゃらないでしょうか。
実は8月12日、私の父は自宅で息を引き取りました。
こちらでは語れないほど、本当に在宅で一人で見るのは最期の最後で辛く苦しく、
本当は父の方が苦しいのに、
もうブログや外に出る時間もなかった程で、
私も正気を失っておりました。
亡くなる2日前、最期の力を振り絞り
一生懸命話をしていた父の顔が今でも忘れられません。
セラさんのブログを読み返せば分かっていたのに、
いえ、本当は私にも父の死期が近づいている事がわかっていたのかもしれないです。
でも、いつも通りに過ごして、
連夜の疲れから、怒鳴って
白目を向いている父の話を
怖くて怖くて聞けずにいました。
父はその時に私に向かって褒めてくれていたんです。
その1週間前に、退院してから初めて
レスパイト的に治療をせずにも入院させて
もらいましたが、私の疲れが限界にきていたので、優しく出来たのはたった2日。
それでも、どうしても父に肉を食べて欲しくて
テリーヌを作り、一人切れ食べてもらいました。
最期、父自身は穏やかであったのにも関わらず
私自身が穏やかでいられませんでした。
亡くなってから直ぐ、自分を責めてばかりいましたが、
今は父への感謝の気持ちと
あれだけ欲しかった自由は何だったんだろう?と、虚しさと懺悔の気持ちでいっぱいです。
看取る事、覚悟はしていましたが
誰もいなくて自分だけ、本当に怖かったです。
どうしよう、どうしよう、と言う気持ちが
話せていた父に(意識が薄れても私を思っていました)アタるしかありませんでした。
少し落ち着いてから介護の学校へ行こうと思っております。
父が自分の体を使い、
生きていく上での厳しさ、色々と教えてくれたんだと思ってます。
ももこママ
2011/10/04 17:04
ももこママ さま
ももこママさん、
よくひとりで最期までお父様を看てさしあげましたね。
本当に、本当に、お疲れさま。
お父様、とっても喜んでいらっしゃったと思います。
テリーヌ、さぞ美味しかったことでしょう。

私の実母は、自分の死期を知っていて、
ケア病棟に入院していましたが、
冬の2月に、食が進まなくなって、
なにか食べたいものは、ないかと尋ねると、
「スイカが食べたい」と答えたので、
果物屋さんを探し回り、スイカを買ってきました。
もう噛む力はなく、ジュースにしたものを一口
飲みました。
それが最期に口に入れたものでした。
11年前のことです。

母上(義母)は、あっというまに、
食べられなくなってしまったので、
最期になにを食べさせてあげたのか、
思い出せません。
申し訳ないことをしたと思っています。

ももこママさんは、手作りのテリーヌを作ってあげられて、最高の親孝行です。

肝性脳症の方を自宅で、
しかも、おひとりで世話をするのは、
想像を絶する大変さだと思います。
ももこママさん、本当によく頑張られましたね。
ご自分を責めることは、なにひとつないと思います。
今はただ、心と体をゆっくり休めてください。
セラ
2011/10/04 23:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
叔父の七回忌 カイゴ迷い道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる